--
--
スポンサーサイト
written by 選挙へGO * スポンサー広告 * edit * *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09
12
弘前市議会インターネット中継はじまりました!と、近況報告
written by 選挙へGO * 選挙 * edit * CM:0 * TB:0
2012 副代表阿保です。

9月10日~14日まで弘前市議会で一般質問が行われています。

今回からついに弘前市議会でもインターネット中継がはじまりました!!


303572_362098570536667_2076466990_n.jpg


251682_442646919119871_1029067352_n.jpg


この画像は私が撮ったのではなく、フェイスブックに投稿された画像なのですが。(笑)


それにしても、議会改革の大きな一歩!

私も少しだけですが見ました。

中継画面のすぐ横に質問内容があるので、答弁がどのへんなのかがすぐわかるなぁという印象です。

きっとこれからどんどん改善が進んでよりよいインターネット中継がされていくのでしょう。

要チェックですね!!




つづいては近況報告

先ほど仙台の学生と政治山の青木さんとでスカイプ会議を行いました!

423967_351510388268592_2112302600_n.jpg


主な議題は「政治家tubu」in仙台です!

東北大学の北条さんという方が、我々の活動に賛同して、宮城でも政治家動画撮影を行っています!

現在、すでに5名ほどの撮影を終えていて、その仕事の速さに驚きです!!

HPもすでに完成していて、団体名は仮称で「選挙へGO!!」です。

来週には決定するようです。

http://internship-khkt.jimdo.com/


政治家動画が全国へ広がるように我々も活動を活発に行っていこうと思います!!

ではこのへんで、


ばいばい!!!
スポンサーサイト
09
11
インターンシップ
written by 選挙へGO * 選挙 * edit * CM:0 * TB:0
2012 こんにちは。
ITリーダーの松山です。

この度、弘前市選挙管理委員会に5日間のインターンシップをしてきました。
その感想文をこちらにも投稿します。


 私はインターンシップ生として、平成24年8月27日から31日までの5日間を弘前市選挙管理委員会で過ごしました。その時、弘前市では相馬土地改良区総代選挙の選挙会と砂沢溜池土地改良区総代選挙の事務打合会があり、それに随伴しました。また、解散総選挙に備えた様々な活動をして、選挙当日だけでなく、その前後に選挙管理委員会がどんな仕事をしているのかを経験しました。選管では、思っている以上に公職選挙法に則った施行をしている事と、それに伴う事務書類のデスクワークを経験したことで役所としての側面を知ることができました。

 相馬土地改良区総代選挙の選挙会においては、その準備として当選告知、当選証書、選挙録の作成を行い、その効力の違いや、改ざんを防ぐために選挙録を袋とじにするといった手法を学びました。当選証書よりも当選告知の方により法的効力があるが、当選者が貰って嬉しいのは当選証書である、といったことが興味深かったです。実際の選挙会においては、無投票選挙(土地改良区総代選挙はほぼ無投票)であったので、ほんの15分ほどで終わってしまいました。「選挙」が20分にも満たない時間で終わってしまうことと、選管と選挙長、立ち合い人のみの参加であったことが印象的でした。
 砂技溜池の方では、鶴田町、弘前市、つがる市に跨った選挙地区であるため、土地改良区の方と、各選管が出席しての事務打ち合わせでした。3市町村の選管が揃っての会議でしたので、鶴田町とつがる市の選管の方とお会いできる貴重な機会でした。打ち合わせは、土地改良区の方の質問によって議論が起こり、土地改良法施行令に則った解釈が行われました。
解散総選挙に備えた活動としては、市民へ配送する投票所入場券へ記載している投票所見取り図データが間違っていないか調査を行い、同時に投票所の写真を撮り資料として保存しました。全97ヵ所の投票所の調査を行うことはできませんでしたが、38ヵ所を回り、これまであまり見たことがなかった地域を見ることができました。特に、限界集落である藍内と沢田を直接見て、その暮らしについて真剣に考える機会を得ました。また、この投票所巡りを行うにあたって代表の竹内が以前弘前市選管インターンシップをした時に作成した投票所を記した地図を見ながら巡回ルートを選定しました。結果として、担当して下さった選管職員の方は全ての投票所を暗記していましたが、自分で地図を見ながらルートを作成するのは楽しかったです。
別の日には、選挙ポスター掲示板設置予定地を調べて回りました。弘前市には530ヵ所もの掲示板設置予定地があり、その一つ一つを回り、最終的には交渉するという事実を知って驚きました。この個数は法律によって規定されていて、どの地域に何個設置するか、といったことまで規定されているため、様々な問題が発生していることも知りました。

私がこの5日間で経験したものには、若者の選挙啓発について直接的な行動は少なかったですが、地域に対する新たな問題意識と、選挙管理委員会が行っている様々な工夫を知ることが出来ました。大学生活の中だけでは、とても体験できないような貴重な体験をさせて頂きました。今回のインターンシップではとてもたくさんの方にお世話になりました。本当に、ありがとうございました。

以上

06
14
東京遠征
written by 選挙へGO * 選挙 * edit * CM:0 * TB:0
2012 はじめまして!
ITリーダーの松山です。

本日は東京に遠征!
ということで、まずは霞ヶ関の総務省、選挙部へ。
初めての総務省で緊張しながらも、活動報告をしました!

その後は「政治家tube」でお世話になっている政治の情報プラットフォーム 政治山、
(株)パイプドビッツさんにお邪魔し、今後の打ち合わせ!

また、夜には法政大学と日本大学の学生と交流し、意見交換を行いました。

色々なことを濃縮した一日でしたが、改めて様々な方に出会い、そしてお世話になっています。
明日も引き続き東京、頑張ります!
02
21
お久しぶりです。八戸シンポジウムを終えて。
written by 選挙へGO * 選挙 * edit * CM:1 * TB:0
2012 お久しぶりです。

2月18日、八戸ポータルミュージアム はっちにて、

若者の低投票率を考えるシンポジウム「これでいいのか若者の低投票率!!」を開催いたしました。

内容としては、

学生団体「選挙へGO!!」の紹介

「これでいいのか若者の低投票率!!」をテーマにした
議員と学生によるパネルディスカッション
です。

パネラーは
青森市議会議員の工藤健議員
八戸市議会議員の三浦博司議員
弘前市議会議員の菊池勲議員
八戸大学2年の佐々木一哉君

コーディネーターは
青森公立大学4年、学生団体「選挙へGO!!」副代表の鳥谷部純一
です。

大変白熱したパネルディスカッションとなりまして、有意義な時間となったと思います。

ただ今、アンケートの集計が終わりまして、様々な感想、ご指摘をいただきました。

これを参考にし、来年度に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。


ちなみに、シンポジウムの録画映像があります。

八戸シンポジウムの録画映像です。 http://www.ustream.tv/channel/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E5%9B%A3%E4%BD%93-%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%B8go もし、ページへジャンプできなかったら、ustreamで、matsukengdで検索すると見れます。シンポジウムへお越しになれなかった方は、どうぞご覧下さい。

そして、工藤健議員の発言内容が、ここで見れます。
http://kudokenfirst.blog129.fc2.com/


八戸シンポジウムについては、なかなか伝手がなく、集客については大変不安でした。

しかし、ふたを開けてみると、来場者数は60名以上となり、50部用意したプログラムが足りませんでした。

せっかく足を運んでいただいたのに、プログラムをもらえなかった方は、大変申し訳ございません。


今回の企画は正直つらいな、と感じる時もございましたが、周りの人々に支えられて、大成功を収めることができました。

企画準備段階から携わってくれた方々、
来場していただいた方々、
応援してくれた方々
参加していただいた議員お三方
本当にありがとうございました。





我々のこれからの活動についてですが、

マニフェスト、という形で発表したいと思います。

3月中旬には発表したいと思います。

また、シンポジウムの様子も文字化してみたいと思います。


Copyright 2007 学生団体   「選挙へGO!!」 all rights reserved. Designed by from fm in blog. Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。